年末年始休診

12月29日から1月5日まで休診です。

佐倉市上志津1786-1
(志津市民プラザの前)

043-460-5088

消化管内視鏡検査

消化管内視鏡のご案内

消化管内視鏡のご案内

消化管のがんは、早期発見できれば外科的手術を行わずに体への負担も少ない内視鏡での治療が可能です。
当院ではFUJIFILM社製の最新内視鏡システムLASEREOを導入しました。波長の異なる2種類のレーザーを搭載しており、それらの組み合わせで適宜調節して照射することで粘膜表層の微細血管や、わずかな粘膜の凹凸などのコントラストを強調して画像をシャープに映し出すことが可能となりました。それにより微小な病変の観察が可能となり、ひいては従来のシステム以上に病変の早期発見が可能となりました。
今まで多くの早期胃がん、大腸がん、ポリープ等の内視鏡診断、治療に携わってまいりました。今後も引き続き早期発見、早期治療に貢献できればと考えております。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)

経鼻内視鏡

当院では細い内視鏡を鼻から挿入して食道、胃、十二指腸を観察する経鼻内視鏡を導入しました。口からの検査では舌の付け根(舌根部)に内視鏡が触れることで咽頭反射が起きて吐き気を催しますが、経鼻内視鏡では舌根部に触れることなく挿入が可能なため苦痛を感じずに検査を行うことができます。
また、検査中、会話は経口内視鏡では不可能でしたが経鼻内視鏡では可能となり、コミュニケーションをとりながらリラックスして検査を受けることが可能です。

検査をお勧めする方

検査をお勧めする方
  • 胃がもたれる
  • ムカムカする
  • みぞおちが痛む
  • 検診などの採血で貧血を指摘された
  • 便が黒い
  • げっぷが出やすい
  • ピロリ菌がいるといわれた
  • 血縁者に胃がんの方がいる
  • 体重減少
  • すぐに満腹になる
  • のどに違和感、飲み込みにくい

など

※経鼻内視鏡について詳しく書いてあるサイトです。是非ご覧ください。

鼻から.jp



下部消化管内視鏡(大腸カメラ)

大腸内視鏡について

肛門より内視鏡を挿入して大腸の内側から観察して病気を診断する検査です。
内視鏡検査は他の検査に比べ大腸病変の検出率ははるかに勝ります。しかし検査は痛く、つらいとのうわさをよく聞く、検査が恥ずかしいとの理由で、検診で便潜血検査陽性を指摘されても放置している方をよく見かけます。
現在、日本人の死因の1位は悪性新生物です。その中の部位別では大腸が男性で肺、胃に次いで3位、女性は1位です。早期では症状は出なく上記を認め
る方は検査を受けることをお勧めします。

検査をお勧めする方

検査をお勧めする方

  • 血便が出る
  • 便秘・下痢が多い
  • お腹が張る
  • お腹が痛い
  • 便潜血検査陽性
  • 採血で貧血を指摘された
  • 以前ポリープを指摘された、切除した
  • 血縁者に大腸疾患の方がいる
  • 40歳以上で今まで大腸の検査を受けていない

など

拡大内視鏡

当院では最新の拡大機能付きの内視鏡を導入しました。病変を拡大して観察することで正確な診断が可能となり、最も適切な治療法を選択することが可能となりました。

つらくない検査をめざして

つらくない検査をめざして

今回導入した内視鏡の軟性部は、高い弾発性を持つ新素材を採用した高追従挿入部となっています。屈曲部が多い大腸へのスムーズな挿入をサポートし患者の身体的苦痛の低減と検査効率の向上が期待できます。しかしベテランが検査を行っても癒着が強い方、結腸憩室症や結腸過長症などで検査時に痛みを強く感じる方がいますがそのような方には鎮静剤使用下での検査も可能です。

鼻から.jp

クリニック案内

医院名
医療法人社団博有会
志津さくら内科クリニック

院長
青木 博
住所
〒285-0846
千葉県佐倉市上志津1786-1

診療科目
内科・消化器内科・内視鏡内科
電話番号
043-460-5088